1年を振り返り
2020.12.31
今年1年は、とにかく新型コロナウイルスに振り回された1年でした。
日本で感染が拡大してからは、当院の対応を何度も話し合いました。
外にいても呼び出せるシステムを入れる、自動精算機を導入する、予約制にする・・・など様々な案が出ましたが、0歳から90歳超まで訪れる当院では、なかなか全患者さんに対応できるような仕組みを作ることが困難でした。
とにかく院内滞在時間を減らすことを目標に、「迅速な診療」を心掛けるようにしました。7月からは、毎日医師2名体制で診療できるようになり、待ち時間は以前の半分近くになったと思います。あとから考えると、医師増員が最大の感染対策となったかもしれません。

3階美容皮膚科を利用される方が増えました。なかでもレーザーフェイシャルを希望される方が多い印象です。施術後に赤くなったりかさぶたになったりしないので、受けやすいのかもしれません。(ただし数回照射していかないと効果がわかりにくい方もいらっしゃいます)来年は新しくレーザーを導入予定ですので、シミ・しわ治療対策に活躍してくれるでしょう。

学会や医師会の集まりなどが消滅した1年でした。オンラインでの講習会や学会となり参加しやすくなった半面、学会にでかけて先輩後輩に会ったり、おいしいもの食べたりができなくなり寂しくなってしまいました。

医院での食事会や歓送迎会、忘年会なんかもできませんでした。来年はいったいどうなるか・・。
とにかく健康に気を付けて、診療を続けていこうと思います。
来年は明るい1年となることを心より祈っております。

それでは、よいお年をお迎えください。



今年もクリスマスにはミニプレゼントを配りました
手紙
2020.10.29
先日、とある患者さんからお手紙をいただきました。
「コロナ禍で大変なのに、優しく接してくれてありがとうございます」
という内容でした。

このようなお手紙をいただき、本当に嬉しく思います。
職員一同、さらに元気が出ました。
今後もがんばります!
reBeauのセミナー
2020.09.02
以前は東京や仙台などで、よく医療セミナーが行われていましたが、最近は開催が困難なようです。その代わりにオンラインセミナーが増えてきました。オンラインなら遠隔地に行かなくてもいいというメリットがあり、よく活用させていただいております。(実際は現地に行って聴講するほうが楽しいですが)

先日は、「reBeau」という肌画像を撮影する装置についてのセミナーがありました。
当院でも使っていますので、わくわくしながら拝聴しました。


reBeauを使うと、光が一定なので、いま現在の顔の状態(しみ、くすみなど)を把握できるだけでなく、その後の経過を追うことができます。当院では5回レーザーを照射した前後で撮影しており、その効果を検討しています。(今度実際の画像を載せるようにいたします)
よくみると、しみやくすみが改善しただけでなく、しわやたるみも改善している方がいてびっくりです。こんなことまで分かってしまいます。

UV写真モードでは、隠れていたしみが明らかになります。はっきり言って、これはコワいです。(私の画像はひどかった・・)大半の方がびっくりされます。しかし現実を知り立ち向かうことができます!

セミナーでは、長年活用されているドクターのお話を聞いて非常に勉強になりました。ゼビアックスローションやディフェリンゲルなど、にきび治療を行っている方は画像に白く写ってしまうことがあり、注意が必要とのことでした。(知りませんでした!)

当院では、
・レーザー治療を行う方
・トリートメント(ポリッシングは除く)を受ける方
に対し、カウンセリング時に撮影しています(無料)。
2020.09.02 09:41 | 固定リンク | 皮膚のお話

- CafeNote -